カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
アイスコーヒーブレンド 200g
1,300円(税込)
13 ポイント還元
各オプションの詳細情報
豆の挽き方
購入数

アイスコーヒーブレンド 200g
1,300円(税込)
13 ポイント還元
【コーヒーのコクとはなにか?】

コクのあるコーヒーってよく耳にしませんか?

なんとなく美味しそうなコーヒーの気がするけど、でも、「コクって何?」って子供に尋ねられでもしたら大変。
言葉にするのは意外と難しいですよね。

料理全般で使われる「コク」とは「複雑な味」といわれます。
例えば、じっくり煮込んだデミグラスソースや、長時間熟成したチーズなどの「コク」といえばイメージしやすいかもしれません。

コーヒーの成分は数千種類ともいわれ、その全容は現在の科学をもってしても解明に至っていません。
ですから、コーヒーをコーヒーたらしめる成分は、それ自体すでにかなり複雑です。

複雑さ=コクという意味では、コーヒーを定義するのは難しそうですね。

では、BONCOFFEEの提唱する「コク」とはなにか。

それは、「とろみ」なんです。

コーヒーにとろみ?そう思われた方、多いんじゃないでしょうか。
実は、コーヒーには「シャバシャバ」と「とろとろ」があるんです。

この「とろみ」の正体はというと、「オイル / 油分」。

ごま油や菜種油からわかるように、植物の豆には油分があります。
コーヒー豆も例外ではなく、適正に焙煎されたコーヒー豆は、ドリップしたとき、たっぷりのオイルを抽出することができます。

この「適正な焙煎」という部分がポイントで、オイルは単に焼けばできるというものではなくて、高度な焙煎技術が必要です。

BONCOFFEEの「アイスコーヒーブレンド」は油分がたっぷりだから、それが冷えて「とろっとろ」。

さらに、この油分は揮発性の香り成分を抱き込むことができるので、香りも抜群。

氷が融けて薄まっても美味しさをキープしてくれます!

アイスコーヒー好きな方、ずっと探していた味かもしれません。是非一度ご賞味くださいね。



【ブレンドの中身】

ブルンジ産ンゴジ地区ウンカカ農園のレッドブルボン種という品種をベースに、数種の焙煎違いの豆をブレンド。
このレッドブルボンは小粒で、一般的には深煎りに不向きといわれていますが、雑味のないオイルをたっぷりと抽出できます。
また、その他の豆が単に「コク」が強いだけの単調なコーヒーにならないように、瑞々しいフレッシュ感や、清涼感をプラス。
うだるような暑さにも、爽やかさを演出してくれます。













この商品を購入する

レビュー

tasty good !!
  • だーしゃ
  • 女性
  • 2020/07/12 14:15:31
いつもは買えないけどたまに自分へのご褒美にここのコーヒー豆買ってます^_^
レビュー機能が付いたようなので日頃の感謝を込めて書いてみました!
レビューを書く